全日本獅子舞フェスティバル白岡'19   
Shishimai Festival 5th

2019年 11月24日 第5回全日本獅子舞フェスティバル白岡'19
今年の3月に獅子博物館に見学へ行ってからのご縁で、そして一度は出演を断念しましたが、獅子博物館館長の熱意と人脈で東京讃岐獅子舞さんのご協力を得て、本日出演できることになりました。皆さん、ありがとうございます!


今日がデビュー戦のメンバーが多くいます。

父・前の正太

子獅子の前と後ろは、東京讃岐獅子舞さんの助っ人、コージとあーちゃん

ワキ見習いに、東京讃岐獅子舞さんの小学1年生のハヤトくん
控室。
先週、『マイ獅子をつくろう!』のワークショップで作った獅子を持ってきて、空き時間で色塗りです。
えーと、話せば長くなりますが、東京讃岐獅子舞さんの演舞では、ぼくが解説員としてご一緒させていただきます!

しゃべりは決して上手いほうやないし、むしろ活舌とリズムが悪いんでええんかなぁと思いながら、気持ちをこめてやらせていただきました!

客席後方から♪走り太鼓で登場し、舞台下で一度決めたら本番です。

香川県三木町の宮尾氏子中の『ボタンくずし』は、若い獅子が山から村へ下りてくるストーリーになっています。
午前の部が終了し、お弁当タイムです。
徒歩2、3分のところにある私設の獅子博物館。

日本全国、世界各国の珍しい獅子舞がいっぱい展示されています。
いきなり始まったささら対決!(笑)
YouTUBE動画 16秒

さぁ、中央公民館へ戻って、いよいよ出番です。
■いりちゅーカメラ
2分54秒から始まります。四次元ポケット(腹掛け)に差したアイフォンで、いりちゅーのお腹の向きでパンしています(笑)

7分45秒から客席へ下りて、練り歩き道中をしていきます。
10分40秒で終了。

YouTUBE動画
舞台の上には、朱色と濃緑色の獅子が2頭だけです。

父獅子と母獅子が交尾をして、ぱっと分かれると、元気な
子獅子が誕生します!
舞台の上で決めたら、客席へ下りて練り歩いていきます。皆さん、全員を噛みます!

舞台へ戻って、打ち込み、決め、礼。
 東京讃岐獅子舞さんにはそのままの衣装で入ってもらいました。これぞコラボ獅子!

これからもご一緒させていただきます。こういう思わぬ出会いや交流があるから楽しいな!
活動記録2019年